全身丸ごと、悩みから解放されるために!

MENU

全身丸ごと、悩みから解放されるために!

私は元々毛深くて、ムダ毛の自己処理をすると埋もれ毛になるなど、肌トラブルが度々起こっていました。
社会人になって自由に使えるお金ができた私はミュゼプラチナムに行って、まずはワキとヒザ下でお手入れを始めました。
けれど初めのカウンセリングで言われた通りに「ワキだけで、と思っていた人が、他の部分も気になりだして全身コースに切り替えることも多いですよ」という例そのままに、全身コースに切り替えました。

 

全身コースは文字通り全身境目なく脱毛ができるので、「ヒザ下」の場合「この境目の上は元のままか。いつかやろうかな、どうしようかな」と悩み続けることもありません。
スタートが遅れればそれだけツルツル肌になる日も遠のきますので、すっきり覚悟を決めて全身コースに切り替えて「今後どうしようかな」から解放されたのは私にとってはとては大きなメリットでした。

 

ですが、ミュゼの全身コースは「頭からつま先まで」ではなく「肩からつま先まで」が範囲です。
つまり「肩から上」は含まれません。
細かく言うと「襟足、顔全体」が範囲外なのです。
顔は離れているので境目の問題はないですが、衿足は綺麗に境目が出るので一緒に申し込んだ方がいい箇所だと思いました。

 

初めはそんなに気にならないかなと思っていたのですが、初めて処理を終えてその境目を見ると、背中は綺麗に毛がなくなって、でも衿足はそのまま。
境目の線が真っすぐ分かるくらいなので、ちょっと面白すぎて衿足の追加を決めました。
絶対にうなじを晒さない生活なら問題ないかもしれませんが、髪を上げたり背中の方があいている服を着たりした時に後ろから誰かに見られたら…。
ちょっとびっくりされるかもしれないので…。

 

あとはデリケートゾーンも若干不安でしたが、慣れた様子で何でもないことのように、他の部分と同様にテキパキお手入れを進めてくれたので恥ずかしくなくて安心しました。
ずっとゴーグルをつけたままで顔を見られている感じがしないのも影響しているかもしれません。

 

全身のムダ毛がなくなるのはいいのですが、大変なのは前日の自己処理です。
ちゃんとシェービングしていかないとお手入れを断られるかもしれないので、かなり気にして全身の自己処理をします。
背面など自分では難しい部分はお店でやってくれるのでいいのですが、2015年の春からその免除部分が減るらしいので、日にちと自己処理の範囲をしっかりチェックしていかないといけません。

 

全身は範囲が広いのでちょっと手間もありますが、丸ごとムダ毛処理から解放される日のために、もうしばらく頑張りたいと思います。
そのほかのサロンの全身脱毛コースを一覧で比較⇒全身脱毛の料金を比較